メインイメージ画像

運送に関わる人々の物流への貢献度とシステムについて

ネットショッピングを利用していますか。インターネットの普及により、クリック1つで玄関先まで荷物が届くという便利な時代ですが、そこにはたくさんの方が関わっていて、24時間365日休みなくフル稼働で動いています。

物流と言えば一般人は車やトラック等の配送を思い浮かべますが、飛行機や船のコンテナ、貨物列車と輸送方法は各種あって、目的地や梱包物の種類によってコストも違ってきます。

沖縄や北海道、また離島に住んでいる方で、配送料が別途加えられていることに不満を訴える方もいらっしゃいますが、輸送運賃が高くなるということは、それだけ通常よりも余分に距離や配達日数がかかるとして設定されている金額であります。

さらにグローバルなこの時代では海外に拠点を置き、発送の道順を確立している企業もありますが、それほど物流は企業と企業を結ぶ大事な作業工程の一つで、途絶えることは決してあってはなりません。交通渋滞や自然災害などで配送に遅延が発生すると、例を挙げればネジ1本足りないだけでも作業は進みませんし、その次の工程にまで影響が生じます。

まさに日本全体に毛細血管があらゆるところまで張り巡らされ、絶えず心臓が動いていると同様に、物流も動き続けています。

また配送を頼む場合で比較することは、まず運賃、拠点数、かかる時間、取り扱う配送種類の数、あとは冷凍配送や荷物の梱包方法等が挙げられますが、やはり今日に求められているのは、配送のスピードと配達される時間指定や特急便といった、付随サービスを採用する会社もあります。

コストと値段に応じたシステム作りと品物が、実際に届くまでオートフォーメーションで機械化された現代でも、梱包されたダンボールの住所仕分けは機械が作業しますが、人から人へという理念の下で必ず人の手が不可欠になってきます。新聞配達からお引越し、給食センターから学校までの配送など、自動車やペットに至る多くの分野で配送作業をしている方、そして商品が着くのを待っている方、需要と供給が日本経済を支え、日々絶えず動き続けています。

更新情報